メイン画像

ブログBLOG

2019/01/28オイル漏れ修理事例
メルセデスベンツのエンジンオイル漏れ修理
こんにちは!ケーズファクトリーの前田です。

本日は、メルセデスベンツのエンジンオイルの漏れについて
お話していこうと思います。

距離にして5~6万キロ、年数でも5~6年経過するとエンジンオイルの
漏れが発生してきます。

これは、普通に国産・輸入車問わずに起こり得ることです。
予防方法もありますが、後程記載したいと思います。


こちらの画像は、ベンツの112型エンジンになりますが、V6エンジンです。

タペットカバーの上がオイルで濡れているのがお判りでしょうか?
画像には映っていませんが、エキゾーストマニホールドにも、
エンジンオイルが垂れて焦げていました。

このエンジンのオイル漏れを修理する方法は、タペットカバーを取り外し
パッキンを交換します。ブローバイケース部分と2分割に分かれますので、
分解して、きれいに掃除をした後に、液体パッキンでシーリング修理となります。
この作業が結構時間のかかる作業で、ちょっと大変です。
これを左右同時に行います。



修理後の画像はこちらです ↓



これで、タペットカバーからのオイル漏れは無くなります。

さらによく見ると ・・・・・



オイルフィルタータンクとクーラーの合わせ目からもオイルがにじんでいました。
この漏れを見逃すと、後々大変な事になります。

タンクの下に、ファンベルトが通っていますが、漏れ出したエンジンオイルが
ファンベルトにかかり、テンショナー部分で滑って外れてしまいます。
そうなると、走行不能状態に陥ります。

こういう事例が、年間数台レッカーで運び込まれてきます。

そうなった場合、被害がもっと深刻になり、修理費用も莫大になります。

定期的に点検を実施していれば、そういう事にはなりませんので、
年に1度でも点検を受けていれば、安心です。

エンジンオイル交換でご入庫した時でも軽く点検は出来ますので、
オイル交換の時期が来ている時は、お声掛け頂ければ、未然に防げます。

オイル漏れを防ぐ方法として、オイル漏れ防止の添加剤があります。
オイル交換の2~3回に一度注入するだけで、オイル漏れを格段に防ぐ事が可能です。


車検・定期点検・エンジンオイル交換なども、ケーズファクトリーにお任せください。

それでは、次のブログをお楽しみに!







一覧に戻る

関連記事

  • 2012/06/28

    車検とオイル交換 【ベンツ・BMWの車検と修理 横浜市都筑区 ケーズファクトリー】

    CATEGORY車検

  • 2019/02/13

    メルセデスベンツのメンテナンスリセット方法(一例)

    CATEGORYベンツ豆知識

  • 2012/11/06

    ベンツ W203 エンジン警告灯点灯の修理

    CATEGORYエンジントラブル

  • 2015/09/10

    ベンツ・E320(2002年式 W211)エンジンマウントの交換修理

    CATEGORYエンジン関連修理事例

一緒によくみられる記事

  • 2016/06/17

    ベンツ W221 Sクラスのエアサス故障修理 【横浜 ケーズファクトリー】

    CATEGORY足廻り・サスペンショントラブル

  • 2016/07/02

    ベンツE320(平成15年式 W211)のブレーキパッド交換 

    CATEGORYブレーキトラブル

  • 2017/02/26

    ベンツ W639ビアノのウォーターポンプ交換・修理【横浜 ケーズファクトリー】

    CATEGORYエンジントラブル

  • 2018/11/29

    ホームページリニューアルしました。

    CATEGORYデイリーブログ

あなたへのおすすめ記事

  • 2018/11/29

    ホームページリニューアルしました。

    CATEGORYデイリーブログ

  • 2014/11/02

    ベンツ 2001年式 W210 E240のエアコン修理

    CATEGORYエアコン・ヒータートラブル

  • 2019/01/28

    メルセデスベンツのエンジンオイル漏れ修理

    CATEGORYオイル漏れ修理事例

  • 2019/02/13

    メルセデスベンツのメンテナンスリセット方法(一例)

    CATEGORYベンツ豆知識